独身男日記

真面目系クズによる文章。ただの日記に方向転換しました。

日々の努力(=幸せ)へのハードルを下げよう!

こんちは

日々死なないってだけでも難しい世の中。
いかがお過ごしでしょうか?
自分はギリギリで生きてます。

毎日毎日多大な努力が必要だとは思いませんか?
人間関係にに馴染むためのコミュニケーション
創作をするためのネタ探し
ブログのネタ、イラストの画力向上
お金を稼ぐための勉強などなど…

もーーーつらい!
少しの努力の積み重ねが大事とは言うけども
結果が出るとは限らない!!!!
しかもその努力を誰かに認めてもらうなんてもっと難しい!!!

生きてるだけ生かされてるだけなのになんでこんな多大な努力が必要なの~~~??
やってられないよぉ~~~

って考えに至ったのでめちゃめちゃ日々の努力のハードルを下げよう!
な話です。

まず、なんで努力するの?って話なんだけども
単純に話すなら自分の将来の幸せのためにやってると自分は思う。
コミュも勉強もその他創作も、お金や承認欲求やらなんやらそういうものだと思いました。
他のものや事柄だと思う!って人いたら教えてください。

ハードルは上げようと思ったらどこまでも上げられる。天井知らず。青天井。コンプガチャ
だからと言って、ハードル下げようったってどう下げるの??と思うでしょう。

なので自分はこうやって下げました!という例を紹介します。
大きく3つに分けました。

まず昔の知り合いの話でここに書くのも憚られるくらい不幸なやつが数人いて
人としてどうかと思うが、その人たちと比較して安心する。
正直これはマウント取りみたいになり、結果他人を見下すような人間になるのでオススメしない。

次に技術的な資格を取るために上京した際お金がまったく無かったので、
昼は資格取得、夜はめちゃ安いネカフェで寝泊まりしてた。鍵もなく上から丸見えになるような場所。
取得後も飛行機の日程まで日にちがあり、3日くらいだったと思う。
外でベンチに座って寝たり、3時間だけカラオケ借りてそこで寝たり、最後は夜通し歩いて空港で寝てました。

最後に今の仕事をするにあたって、上京しスクールに通わなければいけなくなった時
家も決めずに軽自動車ごとフェリーに乗り、家が決まるまでのおおよそ3週間ほどくっそ小さい車で車中泊をしてた。
金もギリギリで一日一食100円バーガー一個で過ごしてた。

以上のことから、自分は幸せのハードルを下げることに成功したと思う。
脚をのばして寝られる、3食食べられる、四方を壁に囲まれ天井もある。
鍵もついてて治安も安心、街中の300円20分のシャワーコインなんて探さなくていい。
あの時と比べれば今はなんて贅沢なんだ…と考えることができた。
慣れるとまた上がるのでたまに思い出したりして下げるようにしてます。

どーですかここまで、自分はこんな感じで下げました全体で2%位は生きるのが楽になったかなと思います。

皆さんもこうしたらどうだ?なんて意見があれば教えてください。

それではまた